bg

薄毛原因を究明して育毛剤習慣を始めよう

日本人男性の多くが抱えている悩み。
それが一体何かわかりますか?

そう、それは「薄毛・抜け毛」です。
日本人男性は、年々薄毛人口が増加傾向にあると言われています。
そして薄毛であることが、あたかも悪いことのような空気があります。

ですから薄毛・抜け毛で悩む人たちは、何とか改善しようとさまざまな対策を考えていることでしょう。
そのうちの1つが育毛剤を使うという方法になるわけですが、ただそれだけではいけません。

単純に育毛剤を使うだけで髪の毛が生えてくるのであれば、薄毛・抜け毛で悩む人はいないはずです。
では、育毛剤を使う以外にどういった対策を行っていく必要があるのでしょうか。

それは、まず薄毛・抜け毛を引き起こしている原因を知ることです。
その原因を1つずつなくしていくことで、育毛剤の効果も実感できるようになるのではないでしょうか。

では、どういった原因があるのか考えていきましょう。

薄毛原因を知った上で育毛剤使用を

薄毛・抜け毛を改善するために育毛剤を使う人はたくさんいることでしょう。
しかし、育毛剤だけに頼るのは良くありません。

なぜかというと、育毛剤を使っても根本原因の解決には繋がらないからです。
例えば、ストレスが原因で薄毛・抜け毛が起こっている場合、ストレス解消した上で育毛剤を使わないと効果が半減してしまいます。

ですから、まずは薄毛・抜け毛の原因になっていると思われるものが何なのか考えていくことが大切です。

では、実際にどういったことが原因となることが多いのか考えていきましょう。

じゃ実際はどういった育毛剤がおすすめなのか?
その答えに関しては私自身絶対的な答えを持っている訳ではないが、参考にしたサイトを紹介しよう。

私が育毛剤を購入するのに参考にしたサイトの育毛剤科学研究所では、ハゲに関する情報を様々な角度から調べ上げ、育毛剤を科学的に研究をしているので、専門的な知識がない私にとってはとても参考にしたサイトの一つです。

よく言われているのは遺伝

薄毛・抜け毛を引き起こす原因としてよく言われているのは、やはり遺伝です。
父や祖父などが薄毛の場合は、自分自身も同じように薄毛になってしまう遺伝を持っている可能性があります。

ですが、家族みんなフサフサだからといってハゲない可能性がまったくないというわけではありません。
最近では、若年層にも薄毛に悩む人が増えているように、遺伝が全てではありません。

遺伝のほかにも、薄毛・抜け毛を引き起こす原因にはさまざまなことが挙げられます。

生活習慣の見直しが必要になることも

人それぞれの生活習慣が薄毛・抜け毛の原因になってしまっていることもあります。
例えば、どういったことがあるのかというと睡眠や食事、喫煙、飲酒などさまざまなことが挙げられます。

睡眠に関しては、十分な時間摂れているか見直してみましょう。
寝る時間が遅い、短い場合は、髪の毛や頭皮がしっかりと休まることができません。
また日中、紫外線などによって傷ついた部分を修復することもできません。
結果的に薄毛・抜け毛に繋がってしまうということです。

食事も、忙しいなどを理由にジャンクフードやコンビニ弁当ばかり食べていてはいけません。
頭皮や髪の毛に必要な栄養が不足してしまうからです。
育毛効果のある食べ物などもありますから、時には栄養バランスを考えて自炊することも大切です。

喫煙は、血管を収縮させることになります。
血管が細くなってしまうと頭皮に血液がしっかりと届きません。
栄養は血液によって運ばれていきます。
この先は言わなくてもわかりますよね。

アルコールは、適量であれば問題ありません。
リラックス効果があるのでストレス解消にも繋がりますし、血行を良くする働きもあります。
しかし飲み過ぎてしまうとアルコールに含まれる有害物質が髪の毛などの細胞を傷つけてしまいます。
会社や友人の付き合いもあるとは思いますが、飲み過ぎには気をつけましょう。

こういった生活習慣などを改善した上で育毛剤を使えば、きっと効果も実感しやすくなるはずです。

253da29ede8cf6ebb249e3aaecf66b68_400

育毛剤と生活環境の関係性

育毛剤と生活環境には、一見関係性がないように見えますが関わり深いものです。
日々の生活環境によっては、育毛剤の役割を無効化してしまう可能性もあります。

実際にどういった生活環境にいると良くないのでしょうか。
今回は、その点についてお話していきたいと思います。

育毛剤と生活環境について

近年は、インターネット社会と呼ばれるようになりました。
男性のみなさんの中には、一日中エアコンの効いたオフィスで過ごすこともあるのではないでしょうか。

実は、こういったエアコンなどによって常に冷えた環境にいることが育毛に良くないのです。

どういうことかというと、育毛促進するためには頭皮の血行を良くする必要があります。
そのためには、体を温め頭皮に汗をかかなければならないということです。

しかし常に涼しい環境だと、頭皮は汗をかくことができません。
また体も冷えた状態になります。

毎日こういった環境にいることで、結果的に育毛剤を使ってもなかなか効果が現れなくなってしまうということです。

眼精疲労や肩凝りも良くない

オフィスワークをしている人は、基本的にパソコンとにらめっこする毎日になると思います。
その結果、眼精疲労や肩凝りといった症状が現れます。

まず、ストレスを抱えることが頭皮はもちろん体にも良くありません。
そして肩凝りは、肩周辺の血流が悪くなることで起こります。
血流が悪いということは、当然頭皮への血の巡りも悪いということになります。

そうなれば、育毛や養毛に必要な栄養素が行き渡りません。

現代社会は、常に快適な環境下で過ごすことができます。
暑い夏場も室内に入れば、エアコンが効いていることがほとんどです。

適度な運動や体を温める対策を考えましょう。

140904_YH_alopecia-670x445

育毛剤は飲酒・喫煙をしていると効果半減!?

育毛剤を使っているのに、なかなか効果が現れないという人もいるのではないでしょうか。
そういった人は、別のことが原因となっている場合が考えられます。

その根本原因を改善していかないことには、せっかくの育毛剤の効果も半減してしまうかもしれません。
では、どういったところを改善していくべきなのでしょうか。

育毛剤の効果半減は飲酒・喫煙が理由?

みなさんの中には、普段からたくさんお酒を飲み、たくさんタバコを吸うという人がいるのではないでしょうか。

アルコールには、実はリラックス効果があると言われているので適量であれば問題ありません。
むしろ血行を良くするというメリットもあります。

またタバコも、同じようにリラックス効果があると言われています。
ただ血管を収縮させてしまうので、血行を悪くしてしまうので頭皮には良くありません。

いずれも、せめて過剰摂取は控えるようにしましょう。

なぜ頭皮に良くないのか

アルコールは、適量であればリラックス効果があり血行を良くすると言いました。
しかしアルコールには、有害物質も含まれているので過剰摂取してしまうと頭皮などに悪影響を及ぼしてしまうのです。
髪の毛を作る細胞などを傷つけることになりますから、健康的な意味でも飲み過ぎはよくありません。

次にタバコですが、これはやはり喫煙によって血管が収縮することが悪影響を及ぼします。
血管が収縮することで、しっかりと頭皮まで血液がまわらず栄養が行き渡りません。

結果、育毛に必要な栄養分が届かず、薄毛・抜け毛といった症状が現れてしまうのです。
こういったことにならないようにするには、やはり禁酒・禁煙が一番です。
しかしこれまで習慣となっていたことは、そう簡単にやめられるものではありません。

最初にも言ったように適量であれば、リラックス効果などがあるものですからまずは量を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか。

523ad91a47b3688893291c889d04980b_400

生活習慣改善で育毛剤効果を向上させよう

男性の多くが抱えている悩み、それが薄毛・抜け毛といったものです。
一般的には「ハゲ」なんて言われることもありますが、これは少しバカにした言葉として捉えられることがほとんどです。
ですから薄毛・抜け毛という悩みを抱える本人からすれば、何としても改善していきたいところ。

そこで育毛剤を使ってなんとか育毛・発毛を促そうとする人もいることでしょう。
ですが、それでもなかなか効果が現れないという人もいるのではないでしょうか。

そんな時、もしかしたら別のところが原因となって育毛剤効果の邪魔をしてしまっているのかもしれません。

育毛剤使用前に生活習慣の見直しを

育毛剤を使用しているにも関わらず、なかなか髪の毛が生えてこないと嘆いている人もいると思います。
そういった人にまず覚えておいてもらいたいのが、育毛剤は使用してすぐに効果が現れるものではないということです。
最低でも3ヶ月程度は、様子を見ていくことが必要となってくるでしょう。
また育毛剤の効果には、個人差があることも覚えておきましょう。

そしてもう一つ、育毛剤を使ってもなかなか効果が現れない人は、生活習慣が原因となっているのかもしれません。
使用前に、今一度自分自身の生活習慣を見直すことからはじめましょう。

毎日の睡眠時間は遅くないか

みなさんは、毎日何時頃寝ていますか?
仕事などの影響で、どうしても寝る時間が遅い、短いという人は、それが薄毛・抜け毛の原因となっているかもしれません。

人間というのは、寝ている時に成長ホルモンが分泌されます。
特に夜の11時から深夜2時の間に分泌されると言われています。
この時間帯に起きていると傷ついた髪の毛や頭皮を修復することができません。

ですからしっかりと睡眠を摂るということが大切なのです。

imgp0221

ストレス解消して育毛剤を使おう

男性の中には、さまざまな悩みを抱えている人がいます。
その中でも特に多いのが「薄毛・抜け毛」に悩む男性です。

もちろん人によっては、まったく気にしないという人もいますがコンプレックスになってしまう人もいます。
そこで解決策としてよく用いられるのが育毛剤です。

育毛剤の効果は個人差があるので一概には言えませんが、効果を実感している人もいることでしょう。
しかしその育毛剤だけを使用して薄毛・抜け毛対策していけばいいというわけではありません。

そのほかにも、気をつけるべき点がいくつもあるのです。
例えば「ストレス」です。

育毛剤とストレス解消

育毛剤を使っていても、日々ストレスを感じていればその効果は半減してしまうかもしれません。
ストレスというのは、薄毛・抜け毛をもたらす原因の1つとしてよく言われています。

最近では、ストレス社会という言葉もあるように毎日仕事などの疲れが溜まっている人もいるでしょう。
結果的に身体面、精神面にさまざまな影響が現れることになります。

その影響の1つが頭皮への「薄毛・抜け毛」というものです。

さまざまなことが要因になる

ストレスと一言に言っても、さまざまなことが要因になります。
例えば精神的にストレスが溜まっていると円形脱毛症などの症状が現れることがあります。

また運動不足などによる血行不良が要因になることもあるのです。
ストレスを溜めないように、運動したり趣味に打ち込んだりといった行動が、結果的に薄毛・抜け毛対策に繋がることもあるのです。
育毛剤使用と合わせて、こういった観点からの対策もしていきましょう。

このほかにも、生活習慣や食生活といったところを改善する必要もあるかもしれません。