253da29ede8cf6ebb249e3aaecf66b68_400

育毛剤と生活環境の関係性

育毛剤と生活環境には、一見関係性がないように見えますが関わり深いものです。
日々の生活環境によっては、育毛剤の役割を無効化してしまう可能性もあります。

実際にどういった生活環境にいると良くないのでしょうか。
今回は、その点についてお話していきたいと思います。

育毛剤と生活環境について

近年は、インターネット社会と呼ばれるようになりました。
男性のみなさんの中には、一日中エアコンの効いたオフィスで過ごすこともあるのではないでしょうか。

実は、こういったエアコンなどによって常に冷えた環境にいることが育毛に良くないのです。

どういうことかというと、育毛促進するためには頭皮の血行を良くする必要があります。
そのためには、体を温め頭皮に汗をかかなければならないということです。

しかし常に涼しい環境だと、頭皮は汗をかくことができません。
また体も冷えた状態になります。

毎日こういった環境にいることで、結果的に育毛剤を使ってもなかなか効果が現れなくなってしまうということです。

眼精疲労や肩凝りも良くない

オフィスワークをしている人は、基本的にパソコンとにらめっこする毎日になると思います。
その結果、眼精疲労や肩凝りといった症状が現れます。

まず、ストレスを抱えることが頭皮はもちろん体にも良くありません。
そして肩凝りは、肩周辺の血流が悪くなることで起こります。
血流が悪いということは、当然頭皮への血の巡りも悪いということになります。

そうなれば、育毛や養毛に必要な栄養素が行き渡りません。

現代社会は、常に快適な環境下で過ごすことができます。
暑い夏場も室内に入れば、エアコンが効いていることがほとんどです。

適度な運動や体を温める対策を考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です