140904_YH_alopecia-670x445

育毛剤は飲酒・喫煙をしていると効果半減!?

育毛剤を使っているのに、なかなか効果が現れないという人もいるのではないでしょうか。
そういった人は、別のことが原因となっている場合が考えられます。

その根本原因を改善していかないことには、せっかくの育毛剤の効果も半減してしまうかもしれません。
では、どういったところを改善していくべきなのでしょうか。

育毛剤の効果半減は飲酒・喫煙が理由?

みなさんの中には、普段からたくさんお酒を飲み、たくさんタバコを吸うという人がいるのではないでしょうか。

アルコールには、実はリラックス効果があると言われているので適量であれば問題ありません。
むしろ血行を良くするというメリットもあります。

またタバコも、同じようにリラックス効果があると言われています。
ただ血管を収縮させてしまうので、血行を悪くしてしまうので頭皮には良くありません。

いずれも、せめて過剰摂取は控えるようにしましょう。

なぜ頭皮に良くないのか

アルコールは、適量であればリラックス効果があり血行を良くすると言いました。
しかしアルコールには、有害物質も含まれているので過剰摂取してしまうと頭皮などに悪影響を及ぼしてしまうのです。
髪の毛を作る細胞などを傷つけることになりますから、健康的な意味でも飲み過ぎはよくありません。

次にタバコですが、これはやはり喫煙によって血管が収縮することが悪影響を及ぼします。
血管が収縮することで、しっかりと頭皮まで血液がまわらず栄養が行き渡りません。

結果、育毛に必要な栄養分が届かず、薄毛・抜け毛といった症状が現れてしまうのです。
こういったことにならないようにするには、やはり禁酒・禁煙が一番です。
しかしこれまで習慣となっていたことは、そう簡単にやめられるものではありません。

最初にも言ったように適量であれば、リラックス効果などがあるものですからまずは量を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です